ゆがふグループ 2018年9月期決算についてのご報告 | 株式会社ゆがふホールディングス

新着情報

ゆがふグループ 2018年9月期決算についてのご報告

2018/11/20

平成3011月吉日

Press Release

報道関係各位

株式会社ゆがふホールディングス

代表取締役CEO 前田裕継

 

 

ゆがふグループ20189月期決算についてのご報告

 

 平素より格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。

 弊社ではこのたび、グループ5社の20189月期の決算を取りまとめましたのでご報告を申し上げます。

 

(1)  グループ決算及び概況

当グループの2018年度9月期連結決算は、5社の単体合計ベースで売上高2319,700万円(前年比9.4%増)、経常利益125,200万円(前年比10%減)、当期純利益99,600万円(前年比5.6%増)となりました。株式会社屋部土建と前田産業ホテルズを牽引役に過去最高の売上高と当期純利益を達成することができました。

なお、次年度20199月期の単体合計ベースでの売上高はグループ全体で265億円、経常利益18億円、当期純利益14億円を目標にしております。

 

(2)各社決算及び概況

①株式会社 屋部土建

㈱屋部土建は売上高1812,300万円(前年比13.0%増)、当期純利益65,700万円(前年比12.4%増)で過去最高の売上高を更新しました。人手不足や工事原価は増加傾向にあるものの、建築、土木とも前期に引き続き公共、民間工事とも受注が好調に推移したことにより、増収増益を確保することができました。

 

②株式会社 前田産業

㈱前田産業は売上高296,700万円(前年比0.2%減)当期純利益12,100万円(前年比11.1%増)の減収増益となりました。宿泊部門は麻疹や台風、県外の災害の影響もあり国内客が伸び悩みましたが、アジア圏を中心としたインバウンドは堅調に推移し、インターネットによる情報発信や需要動向に応じたセールス活動の強化に取り組み客室単価の向上に注力しました。

     なお、建設中の「アラマハイナコンドホテル」(客室数100室)と隣接する商業施設「オキナワハナサキマルシェ」は来春開業の予定です。

 

③株式会社 美善建設

㈱美善建設は売上高は91,700万円(前年比17.4%減)、当期純利益はマイナス3,600万円となりました。土木部門の受注が好調に推移したものの、工期のずれによる完工高の減少により減収減益となりました。

 

④株式会社 沖縄シャングリラ

㈱沖縄シャングリラは住宅建築部門の堅調な受注により、売上高は61,800万円(前年比20.0%増)となりました。当期純利益は2,300万円となり増収増益となりました。

 

⑤株式会社 ゆがふホールディングス

㈱ゆがふホールディングスは売上高57,100万円(前年比2.9%増)、当期純利益

22,800万円(前年比0.1%減)となりました。

 

 

以上

 

 

前のページへ

次のページへ

メニューインデックス
株式会社ゆがふホールディングス
〒905-0014
沖縄県名護市港2丁目6番5号
TEL:0980-53-5551
FAX:0980-53-5585
お問い合わせはこちら

会社概要PDF